職人の想いは手を見ればわかります。

数十年と打ち込んで続けてきたその手は、黒くなっていたり、曲がっていたり、私の手など、それはもう歪んだ手になってしまいました。

 しかし、それは、その扱う道具によって、色々なカタチで馴染んでいった結果だと思います。

 実際にもの造りを見て触れて頂くと、そんな手元まで見てもらえるので、実際に見る、聞くという事がどれだけ大切なことかが分かります。

 今は昔と違って、店先で話をしながら買って頂く事はほとんどなく、このようなインターネットを通して買って頂く事が多くなってきました。

 私はさっぱりわからず、インターネットは息子に任せたままですが、お会いする事も、お電話で声も聞かずにとは、正直さみしい思いも致します。

 それでも、昔にくらべると多く…というより、色々な人に私の造った道具を使ってもらえる事は、大変幸せなことだと思っております。

 良い道具は一生ものです。大切に育てていってもらえると、大変嬉しく思います。

 

 なかなかお顔の見れない世の中になってきました、どんな人が造っているのだろう?と思ってもらえるような道具を、今後もつくって行きます。

 

                 代表 和田 愛三

 少し高級な革靴を履くと、少し自分が格好良くなったような気がします。同じように良い「道具」を使うと、気分だけでも少し良くなった気がするものです。

 

 例えば、少し良い包丁を使うと、実際に料理が少しうまくなります。なぜ、プロの料理人はこだわりの和包丁を使うのか考えてみて下さい。

単に見た目を意識しているだけではなく、切れ味が格段に上がると、手も疲れませんし、何より綺麗に美味しく魅せる料理が出来るからです。

 

 「そんなに料理は得意ではないから…。」そんな人こそ、カタチから入る事をお勧めします。きっと、今以上にお料理が楽しくなるはずです。

そんな、職人がつくったこだわりの「道具」を、和田商店ではお伝えしていきたいと考えております。

 

 話しを冒頭の革靴に戻しますと、革靴にはワックスを塗ったりとお手入れが必要です。お手入れをする事により、長持ちするようになり、味が出て、愛着が湧いてきます。さらに、靴底のゴムを交換して数年、時には十年単位で履く事もできます。

 

同じように、職人の技術を持ってして作られた「道具」は、御手入れをしながら長く使って頂く事が出来ます。

使い捨ての物よりも少しお値段ははりますが、実際に「語る事の出来る道具」は、持ち主の人生を豊かにするだけでなく、日々を楽しくしてくれるに違いありません。

 

是非、あなたのこだわりの「道具」を、探してみて下さい。

 

店主 和田 高明

大阪堺の街の職人がどんなこだわりを持って刃物を仕上げているのか、文献やインタビューを元にご紹介しております。

是非、ご一読頂き、一般の刃物と職人の技術とこだわりでつくりあげた堺打刃物の違いを感じて頂ければ幸いです。

鍛冶職人

鍛冶職人

刃付職人

刃付職人

問屋/柄付職人

問屋/柄付職人

銘切職人

銘切職人

 なぜ工場が薄暗くなっているかわかりますか?火の色をハッキリ見るためですよ。熟練の職人になると、この火の色を見れば温度が分かるんです。今900度だとか950度だとか。

 この火の温度は、夏場や冬場、晴れの日や雪の日によって大きく変わるんです。その時々にあわせて火の色を見て包丁を叩いていくんです。

 この温度を見間違えると、良い包丁は出来ません。一見普通に見える包丁も鍛造の火を間違えると、ダメなんです。

そんな時は、刃付けに出しませんが、もし間違えて出してしまうと、刃付け屋さんや問屋さんから、腕が落ちたといわれてしまいます。

 親方の言葉として忘れられないものがあります。研ぎの仕事は「ひずみ」をとることが大事であるが、親方は、「包丁と話が出来るようになったら、ちゃんと研ぎが出来る」といっていました。

「ひずみ」があるとき、包丁の方から、きつく一回叩いてくれ、だとか、軽く三回叩いてくれとか、こうしてほしいと、

包丁から話しかけてくるものであり、そうすると失敗して、また裏から叩き直す必要がないのです。その「ひずんだ包丁」に。正しく答えるのが研ぎの職人なのです。

 

また、研ぎが出来ているかどうかは、包丁を見なくてもわかるります。研いでいる音を聞くだけで、どの程度の仕事が出来ているか、わかるのです。

 柄付けは和包丁の最終工程です。

実際にもいてもらうと分かるのですが、包丁の柄のお尻を木槌で叩いて入れる、独特の方法で行われます。

 

 また、中子を焼入れているのは柄の穴の焼き目と接着させるためなんです。穴はV字型になって普通に考えれば抜けそうなんですが、冷えると木と水牛が収縮して中子を締め付けるんやと思います。

 

 包丁は一本ずつ微妙に違いますから、柄もそれに合わせなければなりません。

 包丁の重心や、手に持った感覚などを調整しながら、一本一本使い手にあわせた形で柄を付けています。

 

 銘切りというのは二文字くらいであれば、それさえ覚えれば、それほど難しくないと思います。しかし、お客様からの名前を入れたり、ローマ字など個別の注文が入ると難しくなります。

 銘切りは、失敗は許されない。刻んだものを消すことが出来ないからです。出来上がった包丁の最期の仕上げです。

 銘は、その包丁の顔であり、シンボルです。包丁は使えば切れるものですが、銘は、顔と同じなのだと思っています。

したがって、銘は、第一印象が大切であり、ずっと心に残る物であります。

見た瞬間に美しいという感動が求められるものなのです。

 
 
 
 
 

ご注文・お見積りなどお問い合わせはお気軽にどうぞ。

072-232-1886

受付時間 10:00-18:00
休  日 土曜・日曜・祝日

ご返信は2営業日以内に致します。お気軽にご相談ください。

店舗・販売店様への卸売りもしております。まずはご相談を。

大阪 堺事務所への案内です。

ご来社の際はご連絡下さい。